前へ
次へ

結婚式の前撮りで注意すること

結婚式の前撮りの時には、注意することもあります。それは、撮影指示書を書く時です。撮影指示書には出来るだけ細かく記載しておくと、後でトラブルになることはありません。特に、ポーズなどは出来るだけ分かりやすくすると、カメラマンに伝わりやすくなります。そして、ポーズについては、お互いに納得したものにすることが大切です。片方だけがポーズを決めてしまうと、後でトラブルに発展する可能性もあります。そして、出来ないポーズについても話し合っておく必要があります。撮られたくない角度について説明をしたり、高い場所はダメだったりする場合は、素直にそのことを伝えるようにしましょう。結婚式の前撮りで撮る写真というのは、一生の宝物となる大切な写真です。お互いに話し合い、満足いく写真が撮れるようにすることが大切です。使いたい小物などがある場合には、事前に係りの人に相談してから、取り入れるようにすると、失敗することはないでしょう。

Page Top